2006年11月21日

パット・メセニー/シークレット・ストーリー

 以前取り上げたこの作品(過去記事こちら)。

シークレット・ストーリー
パット・メセニー
ユニバーサルインターナショナル (1992/07/22)
売り上げランキング: 48,263


 iPodに入れて最近また聴き始めましたが、・・・素晴らしい。
 特にどの曲が?・・・といわれても、困るほど全曲素晴らしいです。

 あえて言うなら「Sunlight」。
 この曲聴きながら、晴れた房総半島で昼間からお酒ゆっくり飲んだら、もう何もいらないほど満足できるだろうなぁ。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 23:20| Comment(31) | TrackBack(0) | パット・メセニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢野顕子/WELCOME BACK

 パット・メセニーのAs Falls Wichita, So Falls Wichita Fallsを聴いていたら、やっぱりこれを聴きたくなりました。

WELCOME BACK
WELCOME BACK
posted with amazlet at 05.07.16
矢野顕子
ミディ (1993/09/21)
売り上げランキング: 30,044

人気blogランキングへ
続きを読む
posted by Miopapa at 23:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 矢野顕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

Pat Metheny & Lyle Mays/As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls

 週末はずっとこの作品を車の中でかけていました。
 作品のよさを再々発見。

As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls
Pat Metheny & Lyle Mays
Polygram (2000/02/29)
売り上げランキング: 33867
おすすめ度の平均: 5.0
5 レーベルの規制を手玉に取って才能を見せ付ける。流石!
5 That's for you.
5 すべての


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by Miopapa at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パット・メセニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キース・ジャレット・トリオ/スタンダーズ Vol.2

 iPodを購入して、新しい発見がこのアルバムにありました。

スタンダーズ Vol.2
スタンダーズ Vol.2
posted with amazlet on 06.11.19
キース・ジャレット・トリオ
ユニバーサルクラシック (2003/04/23)
売り上げランキング: 39414


 ある日、iPodで作曲者検索してたら、アイアート・モレイラ/キース・ジャレットという名前が出てきました。
 アイアート・モレイラって、あのブラジル人のパーカッショニスト/ドラマーじゃないですか。こんな作品に参加していますが、この曲を共同作曲していたとはかなりの驚き。
 70年代にマイルスバンドに入っていたときのつながりなんでしょうか。
 また、作曲したのはいつだったんでしょう。
 興味津々で改めてこの曲を聴いてみました。やっぱりアイアートの影響があんまり感じられなかったんですが。ま、私のアイアート知識不足ってことで(笑)。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キース・ジャレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

マイルス・デイビス/クールの誕生

 iPodにはこの作品も入れました。
 
BIRTH OF THE COOL
BIRTH OF THE COOL
posted with amazlet on 06.11.17
Miles Davis
Capitol (2001/01/09)
売り上げランキング: 1027


 久しぶりに聴いてみると、マイルスが50年代の前半より上手いんじゃないか、という印象を持ちました。かなりよこしまな感想ですけどね(笑)。

 そして、ギルのアレンジ、これが作品を大きく支配しているのかな、と。これならトランペットがマイルスでなくても・・・なんて、またヘンな感想も持っちゃいましたね。

 どちらにしても、親しみやすく、楽しめる作品。クインテットものを中心にマイルスを聞いている私ですが、なるほどこの作品も聴きなおして素晴らしさを発見。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マイルス・デイビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pat Metheny & Lyle Mays/As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls

 やっぱりまたこの作品のこと書きたくなりました。

As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls
Pat Metheny & Lyle Mays
Polygram (2000/02/29)
売り上げランキング: 33867
おすすめ度の平均: 5.0
5 レーベルの規制を手玉に取って才能を見せ付ける。流石!
5 That's for you.
5 すべての


 1曲目のタイトル曲は大作。
 でもあえて注文をつければ、ライブ版Travelsの演奏のほうが、より凝縮されています。ま、本当に些細なことですが。

 このB面、いやいや、2曲目から5曲目が更にすごいです。
 2曲目はライルのソロが充分楽しめます。珠玉っていうのはこの曲のためにあるんじゃないかって思うほどの出来ばえ。
 
 
 3曲目はビル・エバンスへの追悼曲。ピアノとギターのデュオということで、ビル・エバンスのUndercurrent
を思い出させます。が、もちろん表現はパットとライルの世界。

 4曲目。矢野顕子もカバーした名曲(でも歌詞つけてた。おいおい、やめてけれ〜)。
 涙が出てきそうになるこの瑞々しさをもったこの曲、私は会社の女性が結婚退職したときによさげな曲を入れたカセットテープ(懐かしい!)を作ったんですが、この曲も入れちゃいました。

 5曲目。
 1日の終わりを飾るのにふさわしい曲。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェームス・テイラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Metheny Mehldau

 この作品を買って1ヶ月と少し。

Metheny Mehldau
Metheny Mehldau
posted with amazlet on 06.10.09
Pat Metheny Brad Mehldau
Wea (2006/09/12)


 2曲目、マイルスの「Four」を引用したところがあって、マイルス好きな私はにんまり。

 でもパット・メセニーとピアノのデュオというとAs Falls Wichita, So Falls Wichita Fallsを思い出しちゃいますが、かなり違う雰囲気。この新作はなにか、ストイックなものさえ感じさせます。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パット・メセニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

パット・メセニー ブラッド・メルドー

 パット・メセニーの新作です。ちょっと前に発売されていましたが、今頃気がつきました(恥;)。

 輸入版、国内版ともに入手可能です。

Metheny Mehldau
Metheny Mehldau
posted with amazlet on 06.10.09
Pat Metheny Brad Mehldau
Wea (2006/09/12)



メセニー・メルドー
メセニー・メルドー
posted with amazlet on 06.10.09
パット・メセニー ブラッド・メルドー ブラッド・メルドー パット・メセニー
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/09/27)


 私のところにも本日到着!
 これから聴いてみま〜す!!

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パット・メセニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

パット・メセニー/ブライト・サイズ・ライフ

ブライト・サイズ・ライフ
パット・メセニー ジャコ・パストリアス ボブ・モーゼス
ユニバーサルクラシック (2004/06/30)
売り上げランキング: 8,285
おすすめ度の平均: 5
5 まさしく名盤 ぜひ聴いてほしい
5 ジャコとパットの美しいサウンドが絡み合う珠玉の名品!


 このアルバムを初めて聴いたのは、パット・メセニーを聴き始めて5年くらい経ってからでしょうか。
 オフランプ
や、ファースト・サークルから入っていった私は、なんとなくギタートリオというのが物足りない感じがして敬遠していたのでした。

 そんなある日、四谷のジャズ喫茶「いーぐる」のマスター、後藤雅洋さんの名著「ジャズ・オブ・パラダイス―不滅の名盤303」(現在は入手困難)にこれがパット・メセニーの代表作として紹介されていたので、CDショップへ。

 家に帰り聴いてみると、今までなぜこれを聴いていなかったのか、かなりの後悔。

 確かにキーボードが入っていない分、派手さにはかけますが、それ以上に表情豊かなパットのギターと、ジャコ・パストリアスのベースが見事に絡んでいます。
 イヤフォンで聴くと、微妙にプレーヤーたちの掛け声が聞こえてきて、彼らが非常に楽しんでこの作品を録音している様子が分かります。

 そして、3曲目のUnity Villageのような、それこそストイックな曲もなんとも胸にしみるんですね。この曲はパット・メセニー初期の代表作で、小さなレーベルから、この曲をタイトルにしたライブアルバムもリリースされています。

 全ての曲が素晴らしいこの作品ですが私は特に7曲目のOmaha Celebrationがお気に入り。
 3人の息の合い方、パットのギターソロの「間」、最高です。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パット・メセニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

アート・ブレーキー/At the Cafe Bohemia

最近買ったiPodにはこれも入れました。

At the Cafe Bohemia, Vol. 1
At the Cafe Bohemia, Vol. 1
posted with amazlet on 06.10.03
Art Blakey / Jazz Messengers
JCT (2001/07/31)
売り上げランキング: 83,757


 「ジャズメッセンジャーズ」というと、「モーニン」とか「チュニジアの夜」が一般的には有名かもしれません。

 「チュニジアの夜」のときのフロントであるリー・モーガン(tp)、ウェイン・ショーター(ts)と比べると、初代メッセンジャーズのケニー・ドーハム(tp)、ハンク・モブレー(ts)のコンビは若干音楽的に前の世代に属するかもしれませんが、録音の雰囲気とこの2人の音色、演奏がなんとも合うんです。
 そしてピアノのホレス・シルバーがまた粘っこいリズムで2人を盛り立てますね。

 続編はこちら。

At the Cafe Bohemia, Vol. 2
At the Cafe Bohemia, Vol. 2
posted with amazlet on 06.10.03
Art Blakey & The Jazz Messengers
Blue Note Japan (2001/07/31)
売り上げランキング: 83,756


 できれば、いや、ぜひとも両方聴いてみたい作品です。

人気blogランキングへ
posted by Miopapa at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・ブレイキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。